知識や情報をたくさんインプットしてもブログ記事が書けない時はアウトプットモードに切り替える必要がある。(前篇)

前回は「良質な睡眠を取りたいなら寝る前にスマホの光を見ないだけでなく豆電気で過ごしてみる。(後編)」の記事を書きました。

 

今日で1ヵ月の長期休みの6日目になります。明日の9月4日で7日目なので1週間になりますね。1ヶ月といえば4週間+2~3日です。9月は30日間なので、4週間+2日間ですね。という事はざっくり考えると4週間くらいと捉えていいでしょう。明日で約4分の1の休みが経過しようとしている事を考えると、やはり時間というのは長いようで短い、しかし短いようで長いという不思議なモノだなと感じます。

 

どんな物事においても言える事ですが、やはりダラダラ過ごしたり、やりたい事・やるべき事を明確にしていないと、時間はムダに過ぎていきます。8月30日のブログ記事にも書きましたが、せっかく与えられたこの貴重な1ヶ月間の休みを決して無駄にする事なく、有効活用していきたいと思っています。

 

できればブログも毎日更新していきたいと考えています。でもブログって毎日書ける人凄いですよね。自分も何日か連続で書いた事はありますが、どこかのタイミングで書けなくなるんですよね。なので30日間、連続で更新した事は未だかつて一度もないんですよね。

 

確かに人間には調子の上がり下がりがあるだろうし、仕事やプライベートの用事などでどうしてもブログを書けない場合もあると思います。しかし、自分の場合はこれは正当な理由のようで、実は言い訳なんじゃないかなとも感じます。なぜなら自分の飲食店の仕事の時間は基本的に16時からに固定しているので、時間的に書けないという事は有り得ないことになります。

 

仕事の日だろうと休みの日だろうと朝起きてから16時前までは、時間そのものはたっぷりあるので、ブログを書くのに仮に2時間くらい掛かったとしても、やろうと思えばできるのです(実際には2時間以上かかる事もある)。なので、ブログを書けない日の理由は時間的な理由ではない事は明らかです。

 

どちらかというと、何が何でも書く!というマインドの不足と、実際に書こうと思ってもネタが浮かばない時がある。という2つの原因が大きいような気がします。特に記事ネタが浮かぶ浮かばないというのは、前日までのインプットや気づき、そして行動した事などが大きな影響を与えていると思います。

 

現時点でのこのブログは何か専門的な分野に特化した記事を書いている訳ではないので、ある意味、ブログを書くためのネタは無限にあると言っても過言ではないです。にも関わらず書くことが浮かばないというのは、実質有り得ない事なのです。なので、知識や情報のインプット量が少ないことや、行動したことから得られる気づきなどが少ないというのが原因だと考えられます。

 

あと一つは、先ほど述べた「何が何でも書く!」というマインドの不足というのが、結構大きいかなと思います。例えば、知識や情報はたくさんインプットしているにも関わらず、ブログ記事が書けない時ってありませんか?何かこう、頭の中の情報量は多いはずなのに、なぜかキーボードを叩こうと思っても、タイピングが進まない、みたいな。自分はあるんですよね。

 

でもこの現象の原因も最近は分かってきたような気がします。情報のインプットはたくさんしているのに、なぜか文章を書くというアウトプットができない場合は、これは脳や体が完全にインプットモードになっているのです。自分なりの言葉の表現なので、上手く説明できるか分からないですが、おそらく、この分析は正しいと思います。

 

脳内の情報量は十分すぎるほど多いにも関わらず、文章を書くというアウトプットができない場合は、インプットモードになっているのです。インプットモードという言葉自体が自分が適当に考えた言葉なので、あまり使われていないかもしれません。しかし、実際に人間はインプットモードとアウトプットモードがあると実感しています。

 

このインプットモードになっている時は、情報量はたくさんあるはずなのに、文章が書けないのです。厳密に言うと、文章の書き始めが思い浮かばないのです。何を書こうかな、、みたいな状態です。文章の書きはじめが思い浮かばないと書いたように、裏を返せば、一度書き始めると、次第に書きたい事が次から次に浮かんできたりします。さっきまであんなに書く事が浮かばなかったのに、ウソみたいにタイピングが捗るという状態になるのです。

 

これはさっきまでのインプットモードとはうってかわって、正にアウトプットモードに切り替わっていると言えます。このアウトプットモードに切り替わる事さえできれば、これまで文章を書くことに行き詰っていた状態がウソみたいに、カタカタとタイピングが捗るようになります。この状態になる事ができた時は、自分で明らかに分かります。頭の中で次はこれを書きたい、そしてこれを書きたい、という風に記事ネタがどんどん浮かんでくるのです。

 

自分自身、このインプットモードからアウトプットモードに切り替わった時は、1000文字すら書けなかった状態から、なぜか4000文字以上書けるようになったりしました。4000文字以上も書いてしまうと、一記事では長いので二記事に分けるんですけどね。まあでも全く書けない状態より、書きすぎるくらい書ける状態になった方が嬉しいですよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました