脱ステ11ヶ月15日目、休日にテレビゲームをやろうと思えるほど、健康力が回復してきている。

前回は「バイトの勤務日や勤務時間=シフトって思ってたけど微妙に違った。」の記事を書きました。

 

今日と明日の土日は2連休なので、好きな事をやっていきたいと思います。今日は朝から記事を書かずにあえてテレビゲームをやろうかなとも考えています。記事を書かずといいながらも今こうやって書いている事に変わりはないのですが、いま頭の中でぼんやりと考えている事を書いています。ある意味、備忘録というか普通に今日の予定や現在の思考を文字として書き出す事によって頭の整理をしている感じです。ちなみにテレビゲームというのは、今家にあるのはスーパーファミコンです。古!とツッコミが入りそうですが、そうです、おっしゃる通りです。全く異論はありません。去年の8月から脱ステロイドを始めてから、ここ最近まではそんなゲームをする余裕なんてありませんでした。

 

今年の1月くらいからやっと少しパソコンを触れるようにはなりましたが、それでも触れない時は全く触れない。じっとしてる方がキツイと言うかそれならばいっその事、外に出てひたすら歩き続けている方が肌の調子としては良かったのです。まあそれは良いとして、パソコンを触るのは情報収集とメモ書きやブログ更新くらいでした。でもさすがにテレビゲームをやるとなると、完全に遊びじゃないですか。

 

そうなると脱ステ中のきつい状態の自分の人生の中でゲームをやるという優先順位はかなり低い方になる訳ですよ。もちろん1日の中で時間を限定して楽しむ分には良いと思います。適度にストレス解消になるし、ゲームを通してワクワクする気持ちになる事で、他の事にも積極的に取り組めるようになると思うので。ただ、当時はそんな余裕さえもなかったのです。あ、そうそう今思い出したけど、そもそも脱ステのきつい時期は午前中に起きる事さえ出来なかったのです。

 

何というか、肌が痛い事によって、起きる力すら湧いてこないというか、体全体がきつくて午前中に目が覚めたとしても、体力的にはなぜか回復していないような、そんな何とも言えないようなキツさでした。それが今となっては、5月、6月、7月と時を経るごとに、徐々に肌が回復してきて、それと同時に体力も戻ってきました。そのおかげで最近は、普通に午前中に起きれるようになったのです。早い時は6時台で、遅い起床でも10時台くらい。

 

これはもう自分にとっては、とてつもない喜びですよ。きつかった時期は基本的に昼とか昼過ぎにやっと起きれた状態でしたから。それでも寝る時間をあまり遅らせる訳にはいかないから、必然的に就寝時間は夜の0時から遅くても2時あたり。という事は起きている時間でいうとトータルで12~14時間だったという事です。14時間といっても最後の2時間は、夜の0時から2時の2時間なので、おそらくただ眠くなるまで起きていたという感じの何の生産性もない時間でした。

 

要は普通の健康な人は、起きている時間が16~18時間くらいなのに対して僕の場合は12~14時間くらいなので、ほぼ半日しか活動出来ていなかったわけですよ。これがもう何とも言えないほど辛かったです。最短で12時間くらいで1日が終わるというのは、思った以上に早くて、毎日があっという間に過ぎていくという感覚でした。それにやるべき事をやるのが精いっぱいで、やりたい事をやるという時間の余裕はあまりなかったので、それがまたメンタル的にやられる訳ですね。

 

それが今や肌や体力が回復してきて、コンスタントに午前中に起きれるようになりましたからね(平均的に8~9時の起床が多い)。これはかなり嬉しいですよ。肌が健康に戻ってきて、それと同時に体力も回復してきて、痛みや出血も徐々に減ってきました。それだけでも十分すぎるほど嬉しいのですが、それに加えて活動できる時間が増えたというのがめちゃくちゃ嬉しい訳です。できる事が増えるというのは、それだけでワクワクするし、やっと本来の楽しい人生になってきた!と心から思えるようになってきたのです。

 

これはいくら文章で書いても書ききれないような内容なのですが、とにかく心から思うことは、「人間は健康に生きれるだけで最高に幸せだ」という事です。富や地位や名声や物欲とか、人間の欲には色々なモノがありますが、これらは人間が健康であって初めて成り立つものだと思うのです。どんなに大金を持っていても、不健康な状態では何もできないのです。どんなに物欲を満たせたとしても、不健康な状態では真の喜びを感じる事はできないのです。

 

お金を上手く使って健康になるための食事や運動や睡眠のクオリティを上げる事はできますが、それらは自分の強い意思というか、自己コントロール力を抜きにしては達成できません。なので、お金を有効活用して健康に繋げることはできますが、本当に体がきつい時は一足とびに健康になれる訳ではないという事です。自分の努力なしには到達できないなと身を持って実感しました。

 

最初のゲームの話から軽く説明だけするつもりが、本格的に脱ステの経緯を書いてしまいました。まあ何が良いかったのかというと、7月20日の現在の自分の体力は、ついに「テレビゲームでもやろうかな?」と思えるほどに回復してきているという事です。スマホのゲームやパソコンのゲームもありますが、こういっちゃ何ですが、ゲームってリアルの人生とは全く関係ないじゃないですか。でもだからこそ、時間を決めてやる事で、非現実的な世界に浸ることができて楽しいと思うんですよね。

 

なので、自分の人生の中でゲームがメインになってしまうとリアルの人生が疎かになってしまいますが、時間を限定して楽しむ分には問題ないと思っています。余談ですが、僕はスマホのゲームなど何でもそうですが、あれこれ多くの種類に手を出さないタイプです。パソコンゲームでは将棋、スマホゲームではツムツム、といった感じで同じゲームを長く続けたいタイプです。そして最初に書いたスーパーファミコンでは現在やっているカセットは「マリオRPG」です。スーファミをやっていた世代の人なら分かるかもしれません。小学1年生くらいの時にやっていたゲームなのですが、去年(2018年)の上半期になぜかマリオRPGを無性にしたくなって、わざわざヤフオクでスーパーファミコンの本体を買いました笑。

 

ちなみにカセットは家の近くにあるマンガ倉庫で中古のやつを数百円でゲットしました。改めて「マンガ倉庫安くて嬉しい~!」と歓喜しました。という事で長々とどうでも良い記事を書いてしまいましたが、それもこれも全て健康になってきたからこそ、活動時間が増えて、挙句の果てには休日にスーファミでゲームできるようになれたのです。僕は人生で一番大事なことは健康だなと身を持って知ったので、これからも自分の健康を大事にしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました