5月20日の日記ブログ(だらだら過ごしていた。。)

前回は「脱ステは肌の自然治癒力を高めるために、消化酵素と代謝酵素のバランスを意識しよう。」の記事を書きました。

 

今日は休日ですが、超ゆっくり過ごしていました。起きた時間は9時半とかそれくらいだったのですが、色々とまったり過ごしていたら、気づいたら夕方になっていました。気づいたらというのは、大げさですが、今日も記事を書こう書こうと思いながらも、珍しくイスに座ってネット記事や本を読んだり、休憩を繰り返していたら、気づけば16時を回っていました笑。

 

朝食というか今日の一食目を食べた時間が11時くらいだったので、まだ2食目は食べていませんでした。めちゃくちゃ腹が減ったという程でもなかったのですが、いすに座って本読んだりぼーっとしたりしている内に、立ち上がる事すらだるくなってきたので、これはやばい。と思い、とりあえずカカオ50%のチョコを補給。その後に、皮付きピーナッツと3種のナッツを各2口ずつ補給。それで何とか立ち上がる体力を取り戻す。

 

それまでイスに座っていた時間は約90分くらいなので1時間30分もぼーっとしていました。さすがにそれは言いすぎたけど、本を読んだり、仮眠を取ったりして、とても気持ちの良い時間を過ごしていました。特に午前中に身体活動をした訳でもないんんですけど、日頃の仕事の疲れが残っていたのか、とても心地良い仮眠タイムでした。

 

ちなみに熊本県内に住んでいるのですが、今日は熊本地方はけっこう雨が降っています。その影響で風が涼しくて、さらに雨の効果でマイナスイオン?が漂っているみたいです。それが心地良い仮眠タイムを提供してくれた様にも思えます。本格的な梅雨の時期は、じめじめしてあまり好ましくないですが、5月20日の今の時期ならまだ風が涼しいので、気持ちいい気候です。

 

日頃の疲れっていうより僕の場合は、脱ステ中だからっていうのが原因として大きいんですけどね。ステロイド肌?のガサガサしている部分から出てくる血を抜く作業をしていました。僕はこれを「血抜き作業」と読んでいます。血ぬき作業って何やねんってツッコみが入りそうですが、これは脱ステロイドを経験した事がある人なら共感できると思います。脱ステとは全く無縁の人からしたら、何の事やらさっぱり分からないと思います。

 

脱ステにおいてこの血抜き作業というのは、けっこう重要になってきます。これに関してはまた改めて別の記事で書きたいと思う。「脱ステ 血抜き」とかの複合キーワードは無いけど、今調べたら「脱ステ 血が出る」はありました。やはり脱ステと出血は切っても切り離せないですね。

 

1時間半ほどの仮眠タイムから抜け出して、16時くらいからやっとイスから立ち上がり、昼食というか2食目を食べに台所に行きました(ちなみに家の中では立ち食いが9割以上)。15時台に家族がキッチンで料理を作っている音が聞こえていたので、何だろうと確認。すると鍋に中華料理の八宝菜が作られていました。とても美味しそうだったので、さっそく頂きました。

 

今回の食事メニューは、八宝菜、冷食のエビピラフ、クミン(スパイス)を少々、納豆、無調整豆乳を少し、カカオ50%と70%のチョコレートを計3個、皮付きピーナッツを軽く手の平2回分、3種のナッツ(アーモンド、くるみ、カシュー)も2回分、緑茶、でした。細かく分けたら12食品くらいですかね。普段はお米などの糖質メインのモノをあまり食べません。しかし、冷食だったら好きなタイミングで好きな量だけ食べられるので、便利だなと思ったので買っておいて正解でした。

 

でも糖質メインのモノを食べるとやはり、多少なりとも満腹感を感じるようになるので、少し眠気が襲ってきました。もう十分、今日は仮眠と瞑想タイムを過ごしていたので、これ以上寝る訳にはいかない。という事で、持ち前のスタンディングデスクを使って、強制的に記事を書き始めました。それがこの記事です。はい、ご覧の通り完全に雑記です。雑記を書く思考回路しか働いてないようです。なので、これを機にもう一記事書けたら書きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました