トライアルで蛍光灯32型と40型の2本セットが安い値段で買えました。

前回は「姓名判断で画数が良い名前を作ってみた!総画だけでなく陰陽やひらがなの文字数も意識しました。」の記事を書きました。

 

今日はトライアルというスーパーセンターで蛍光灯2本セットで買えました。最近、自分の部屋の蛍光灯が急に消えたりして、ついに昨夜、完全に消灯しました。32型と40型の2種類。他の有名なA社のメーカーだと32型が1090円、40型が1300円くらい、合計2400円ほどする計算になるけど、トライアルメーカーは安い。何とこの2種類のサイズの蛍光灯がセットで約900円で売ってあった。A社と比べたら1500円くらい安くて、半額以下で買えた事になる。

 

ここまで安いと他のメーカーには悪いけど、トライアル以外のメーカー商品を買うのがバカらしくなってくる。トライアルメーカーは基本的に食品関係のモノはこれまでも何度も、購入してきたけど、普通に美味しいし、健康的だし、そこまで健康に悪そうな添加物が入っている様子はないです。つまり、安い上に安全性や美味しさも保証されているから、トライアルに対する信頼性は個人的にはけっこう高いです。こんな風に思っている人はおそらく自分だけではないはず。商品のメーカーや原材料などを見比べる習慣のある人ならトライアルの商品は、価格のわりには素晴らしいモノが多いと感じているのではないでしょうか。

 

今回は食品以外の商品ではほぼ初めてかな?ちょっと記憶があいまいだけど、少なくとも電球に関しては初めて買った事になる。そこで改めて、トライアルの商品は食品以外でも安いんだな~という事実を知った。ここまで安くて良いんですか、トライアル先生!という感じである。そして言い忘れてたけど、今回買った蛍光灯も2つで900円とはいえ、箱に書いてある商品説明によると、何と約6000時間は使用できるようである。まあ他のメーカーとかの使用時間がどれくらいなのかを知らないから比較しようがないけど、これだけの安さで6000時間も使えたら上出来じゃないですか。

 

仮に1日6時間使ったとしても、6000時間という事は単純計算しても1000日分は使えるという事ですよ。1000日という事は、1年が365日で3年が1095日なので、3年弱は使えるという計算になります。しかも、実際には休日で外に出かける日もあれば、夜まで仕事をしている日もあるので、毎日6時間も電気を付けている事なんて無いじゃないですか。そう考えると、1日で3時間しか使わないもあるだろうし、3時間以下の日もあります。

 

なので、トータルの使用年数でいうとおそらく余裕で3年以上は使えるという事ですよ。仮に毎日3時間ほどの使用時間なら2000時間使える計算になるので、そうなると6年弱使えるという事じゃないですか。まあ毎日3時間の使用時間は極端かもしれませんが。900円の値段で3年以上は使える2種類の蛍光灯ってめっちゃコストパフォーマンス良すぎじゃないですか?

 

あっ先ほどA社の蛍光灯は32型1090円と40型が1300円くらいと書きましたが、ネットで調べたらA社も2つセットで1500円くらいの値段でありました。他にもパナソニックとかNECとかエルソニックとか色々なメーカーの蛍光灯を見ましたが、2本セットだと大体1000~2000円の間くらいですね。後は値段によって、電気の寿命の時間が長かったり、UVカットで虫がよりにくい等のメリットがあるみたいですね。(電気の寿命は9000時間とか20000時間とかもありました。)

 

ちなみにトライアルメーカーと言いましたがこれも語弊がありました。商品の箱の説明を良く読んでみたら発売元はトライアルですが、製造元は日立(ひたち)でした。発売元と製造元が違うケースでした。勢いだけで文章を書いてしまったのでお騒がせしました。でもまあトライアルの商品は安くて信頼があるという事には違いありません。今回の商品は写真も何も取っていないので記事の文章のみになりますが、基本的にはこういう時はスマホで写真を撮っておいた方が良いですね。

 

まあ、たかが蛍光灯なので、見てもしょうがないかもしれないですが。家に帰ってからはさっそく蛍光灯の上に被さっていたカバーを外して、上についていたたくさんのホコリを洗って拭いて、古い蛍光灯を外して、新しい蛍光灯をセットして電気を付けました。当たり前かもしれないですが、新品の電球とか蛍光灯って電力?が強いのかめっちゃ明かりが強いですね。まばゆい程の明るさだったので、思わず一段階から二段階に切り替えました。それでも若干眩しいくらいですね。

 

でもこれで夜も安心して読書やパソコンに集中できるから嬉しいですわ。ここ数日間は、古い蛍光灯の方が、つけている最中に急にフワッと消えたりしだしたから、これはもう寿命なのかなと思っていました。フワッと消えはするのですが、その後にもう一度電気を付けなおしたり、一段階を二段階にしたりすると、最初の内は復活していました。

 

しかし、その方法が通用するのも最初の2、3日だけでした。最後の方というか、昨日の22日月曜の夜は、仕事から帰ってきて、夜寝る前に部屋で本を読んだりして、少しだけゆっくり過ごそうとしていたら23時半くらいに、またフワッと消灯して、そこからはもう何回付け直しても付かなくなってしまいました。

 

もうすぐ寝ようとは思っていたのですが、それでもまだ眠気が来ていない段階で蛍光灯の電気がきれて使えなくなると、改めて電球ないと夜は不便だなと再認識しました。残りあと30分~1時間くらい読書したり、翌日の計画を立てようとしていたものですから、その時間が無くなったというのは、意外とダメージが大きかったですね。しかも眠くも無いのに否応なく、布団の中に入って寝ようとしたものですから、睡眠の質がちょっと悪くて、浅い眠りになる事があります。

 

人間は眠くなる前の段階で、無理やり寝ようとしても睡眠の質が下がるのかなと思いました。しかし、そんなモヤモヤする日も昨日限りで終わりです。今日からはまた夜の睡眠タイムまでは、やりたい事を好きなだけやって自由に過ごそうと思います。余談ですが、寝る前の1~2時間はスマホやパソコンなどは見ないようにしています。なので、なるべく寝る前は本を読んだりノートにメモをしたりして、オフラインでインプットやアウトプットをするようにしています。その方がやはり睡眠の質は良いですね。深い睡眠がとれて、朝の目覚めも快適ですよ。それでは良い眠りを。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました