自遊空間(ネットカフェ)のドリンクサービスは豊富な種類があって楽しい。

前回は「1日1食のプチ断食失敗。家族が作った料理は見たらあかん!」の記事を書きました。

 

久しぶりにネットカフェの自遊空間に行ってきました!家にもWifi環境やパソコンはあるのですが、やはり自遊空間は良いですね。何といっても、あの大量のマンガ本と雑誌、そして豊富なドリンクサービス。完全に個室の空間なので、誰にも邪魔されない落ち着ける場所。もちろんパソコンやネット環境も揃っていて、静かな所だから、情報収集に集中できる。というのが、最大のメリットかなと。

 

これだけの色々なサービスがありながら、3時間パックで1000円くらい、6時間パックで1500円くらい、9時間パックで2100円くらいだったかな?料金表には、1時間単位で料金が書いてあるんだけど、基本的には3時間、6時間、9時間、12時間などの単位で自動的にパック料金になるみたいですね。僕的には、最初の3時間パックの料金が1000円くらいから始まるのに対して、その3倍の時間の9時間いたとしても、料金は2100円くらいで、約2倍にしか上がっていない所がお得感があるな~と感じました。(どこのネットカフェもこれくらいの相場なんですかね)

 

こういう料金システムだったら、よほど時間がない人じゃない限り、最短パックの3時間だけで帰る人の方が少ないんじゃないかな?自分が思った心境としては、まだいようか悩んでいる時でも、「6時間や9時間パックになったとしても、どうせ1500や2000円くらいにしかならないから、まだいるか!」と思いました。なので、この辺の価格の設定の仕方が絶妙だな~と。人間の心理を上手いこと付いてるなと。

 

まあそれはさておき、昨日は自分はワンピースのマンガ本読んだり、少年週刊誌のチャンピオンを読んだり、家にパソコンあるのにも関わらず、ネットでヒカキンのYoutube見ていました笑。家で見れるのになーとか思いながら、ついついネカフェの中でもパソコンを触ってしまうのは、あるあるですよね。あと、これは自分だけかもしれないですが、自遊空間に入って受付済ませて、読みたいマンガ本5冊くらい選んで、飲みたいドリンクを選んで、個室に入ります。何だか妙に落ち着いてくつろいだりスマホとか見始めて、それだけで30分くらい使ってしまいます。

 

冷静に考えたら、スマホとかいつでも見れるのに!とか思うけど、なぜかそういうネカフェと関係ない事をやってるんですよね。まあ、それくらい落ち着く空間という事ですね。ポジティブに考えるようにします。あとやっぱり凄いなと思ったのはドリンクサービスですねー。久しぶりに自遊空間にきたから、ソフトドリンクの種類も色々と変わってたんで面白かったです。といっても、自分はあまり甘い物とかいかにもジュースって感じの飲み物は飲まないようにしているので、丸々は注がないようにしています。

 

ただ珍しい感じのドリンクは味見だけしたいなと思ったので、色々な種類のドリンクを少しずつ飲みました。やった事ある人は分かりますよね?ドリンクバーでコップを置いて、その飲みたいドリンクのボタンを一瞬だけ押すんです。1秒間も押しません。音で表すならコップ1杯が「ガーーーーー」だとしたら、一瞬だけの場合は「ガガッ」て感じです。

 

色んなドリンクをちょっとずつ飲むなんて、傍から見たら変な奴だなーと思われますよね。一応、周りに人はいない事を確認した上でやりましたので、安心してください。珍しいソフトドリンクは何があったかなー、DAKARAの炭酸とか、コーラ×レモンとか、オレンジスカッシュ、レモンスカッシュとか、BOSSのブラックコーヒーとかもあったなー。ホワイトウォーターと、それの炭酸バージョンとか、デカビタは前からあったしなー。後は定番といえば定番だけど、普通のコーラ、なっちゃんのアップルとオレンジ、緑茶やウーロン茶など。他にももうちょっとだけあったけど、忘れた。何か無性に気になるから、今度行った時は写真撮ろうかな。

 

でも今のは、ファミレスとかにも置いてるようなソフトドリンクだけの種類の話だから、自遊空間の場合は他にももっと豊富な種類がありましたね。ソフトドリンクの右側には、あのかき氷みたいな飲み物もあったな。あれなんだっけ?フロートじゃなくて、、フローズンドリンクだ!それそれ。ずーっと機械の中のやつがぐるぐる回り続けていて、半分凍ってる感じのドリンクを混ぜてるわけよ。昔は暑い季節だったら、ちょっと飲んでたけど、今は甘ったらしい感じの飲み物が苦手になったから、飲まないかな。味見もしませんでした。確か味は、コーラ、ホワイトウォーター、オレンジ、メロンの4種類だったかな?子供が好きそうな感じがします。

 

自分が愛用したのは、コーヒー関係のドリンクでしたね。4月10日はまだなかなかの寒さだったから、ホットのドリンクが飲めるのは、かなり嬉しかったです。覚えてるのは、上から順番に、ブレンドコーヒー、エスプレッソコーヒー、カフェモカ、ミルクココア、ミルクティーとかその辺だったかな。ホットとアイス専用の2つのボタンが設定されていました。

 

ちなみに僕が飲んだのは、エスプレッソコーヒー、カフェモカ、ミルクココア、ミルクティーでした。ココアとミルクティーが甘いのは、承知の上で注いだんだけど、カフェモカはどっちかなーと思ったけど、少しだけ甘かったです。微糖ってやつですね。結果的にはちょうど良くて、すごい美味しかったです。

 

さっき少し書いたソフトドリンクのBOSSのブラックコーヒーも美味しかったですよ。やっぱり無糖のものが飲みたい人にとっては、ブラックコーヒーがあるのは、助かりますね。おそらくカフェイン効果もあるから、マンガ本とか書籍類に集中したい人にとっては、最適な飲み物だと思う。あと、意外と昔からあったものだけど、1回も使った事がなかったのが、ティーバッグのコーナーです。

 

ほうじ茶とか緑茶とかウーロン茶とか色々な種類があるのですが、20代の頃の自分はそちらのコーナーに全く興味を示していなかったので、つかった事がなかったのです。でも今は30代に突入した事もあり、前の自分より、色々なモノに対する興味や好奇心が上がっています。今回はぜひティーバッグコーナーを使用してみよう、と思ったのです。

 

今回、作ったのは、1つ目はどくだみ茶、2つ目はルイボスティー茶の2種類でした。何かそれぞれのティーバッグの下にお茶の効果とかが書いてあるんだけど、それを読んでから飲みたくなりました。どくだみ茶は確か、「体の中の毒素を排出してくれる」的な事が記載されていて、ルイボスティーは「アトピーやアレルギーの抑制に効果がある」みたいな事が記載されてました。

 

元々、アトピーから始まり脱ステロイド中の僕としては、これは自分に最適な飲み物じゃないかと思って、迷わずそれらをチョイスしました。普通に美味しかったです。他にも色んな奴がありましたねー、ティーバッグではないですが、みそ汁の粉末みたいなのもありましたし、紅茶系のものもありました。ちょっと記憶が曖昧ですが、また今度行った時はチェックしときます。

 

ちょこちょこしたモノを抜いたとしても、普通にホットとアイス合わせて合計8~9杯分くらい飲みました。基本的にジュース類は飲んでいないですが、甘い系のやつはカフェモカとミルクココアとミルクティーでしたね。それ以外は基本的に無糖系のドリンク。甘い物は甘い物でたまに飲むくらいでちょうど良いですね。人間は血糖値のコントロールが健康には欠かせないので、自分にあった糖質の量を見極めることが大切です。血糖値をコントロールした方が結果的には、マンガとかネットとかに対する集中力が長く続きます。

 

今日は自遊空間でインプットした情報の内容というよりは、主にドリンクの種類についてのお話が多かったですね。自分的には豊富な種類のドリンクにワクワクしたので、これを伝えたかったのと、個人的な備忘録としても書いておきたかったので、ブログ記事にしました。色んなドリンクがあるってそれだけで嬉しかったです。また自遊空間に行った時は、記事にしたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました