脱ステ7ヶ月28日目、3日断食で赤みや痛みが減った気がする。

前回は「脱ステ7ヶ月半を経過した現在の休日の過ごし方。」の記事を書きました。

 

今日から自分は3日連休になるので、結構わくわくしています。本日は4月2日の火曜日なので、今日から火水木の3連休ですね。先週の休みが金曜日だったので、土日月の仕事をはさんでの3日ぶりの休みになります。ただでさえ、飲食店でのアルバイトで社会保険にも加入していないので、月の勤務時間は100時間前後くらいで、なかなか楽なシフトです。それに加えて、毎週3日は必ず休みがあるので、かなりゆるゆるな仕事スタイルだなーと我ながら思います。

 

ただ、自分は現在脱ステロイド中なので、こういった勤務スタイルになっているのですが、元々はもう一つアルバイトを掛け持ちしていて、そちらの方も週4出勤で午前中のみ働くという形式でやっていました。しかし、気軽に始めてしまった脱ステの副作用が、自分が思っていた10倍以上やばかったので、そこからはその午前中の仕事はしばらく休暇を取らざるを得なくなったのです。(かれこれ現在で5ヶ月間ほど休んでおります。。)

 

この5ヶ月間では、脱ステのために色々な方法を試してきましたし、色々な本を読んできました(20冊くらい)。できるだけ運動した方が良いと知ってからは、休みの日はできるだけ1万歩以上のウォーキングをしたり、10kgダンベルを購入して筋力トレーニングを始めたり。野菜をできるだけ多く摂る為に、某焼肉店のランチタイムを利用して、サラダバーにある豊富な種類の野菜を食べたり。睡眠中に分泌される成長ホルモンの質や量を高めるために、寝る前はなるべくスマホやパソコンなどを使わないようにして、明るい光を見ないように意識しています。そして、できるだけ0時までには就寝するように、早目に眠る準備をするようにしていました。そのおかげで良質な睡眠を取れる割合が増えてきました。

 

他には、糖質制限したり、動物性の食品を摂らないようにしてみたり、1日2食や1食を試してみたり、オメガ3系の脂肪酸を意識して摂るようにしたり、色々なポリフェノールの摂取を意識したり、ベジタブルファーストを守るようにしたり、野菜・海藻・豆類・きのこ類をメインの食事にしてみたり、夜の食事では特に肉・卵・チーズなどの飽和脂肪酸が多く含まれていそうな食品を摂らないようにしたり、と色々な試行錯誤を経てきました。

 

そして、現時点で自分の中で最新の情報と言ったら大げさですが、最も効果があると思った行動は、断食です。そうです、巷で有名なファスティングというやつです。実は先週の火水木に3日間だけ断食してみたのです。自分がやった断食は、水・お茶類・みそ汁(具なし)のみOKというルールです。本当は水だけでやるのが一番効果的なのか知りませんが、断食にも酵素ドリンクのみOKとか野菜ジュースのみOKとか、大根と人参のおろしや梅干しはOKなどなど色々なやり方があるじゃないですか?だから、水だけとか厳しいルールにしても、そのせいでストレスが溜まったり続けられなかったりしたら意味ないなと思ったので、マイルールとして今回は水・お茶類・みそ汁はOKという事にしたのです。

 

3日間とはいえ、この間にお腹が減った時になるグーというシグナルは何十回も来てました。その度に、お腹と背中が段々とくっついていきそうな感覚がありました。あと、少しだけルールを破ってしまったのですが、断食3日目にあたる木曜日のことです。自分の仕事のキャンペーンの関係でものすごく忙しくなりそうだったので、さすがに体力を消耗しそうだから、水お茶みそ汁だけでは辛いかなと思ってですね、野菜と梅干を少しだけ食べてしまいました。

 

冷蔵庫の中にあった親が買っていた切り干し大根と人参のお惣菜と梅干ですね。この時点でマイルールを破ってはいるのですが、いわゆるお米や肉や魚などはいっさい食べていないので、そこは大目に見てくださいという事で3日間断食したという体にしています。さあ気になるその結果はですね。3日間の断食効果は確かに感じました!自分の場合は、脱ステロイド中のゴワゴワ肌やガサガサ肌が少しでも普通の肌になったらいいなと思っていたのですが、特にひどい所が両腕のひじ回りと両脚のひざ回り。その中でも左ひじ回りが赤みがあってゴワゴワが強かったのですが、断食を終えた翌日の金曜日には、けっこう赤みが消えていたんです。

 

もちろんゴワゴワはあるにはあるのですが、それまで感じていた痛みなども明らかに軽減していたので、自分の中では確実に効果はあったと思いました。3日間限定でしたので、4日目には割と普通の食事に戻したのですが(本当は少しずつ戻した方が良いみたい)、逆に4日目にもなるとそのまま断食を続けていたいなという気持ちにもなっていました。あれだけ断食初日はご飯を食べたくて仕方がなかったのに、この心境の変化は不思議だなと思いました。

 

3日間といわずに1週間やろうと思えばできるんじゃないかとも思ったのですが、1週間以上の断食になると、専門家の管理の元でやった方が良いと断食の本に書いてあったので、3日間までのファスティングで止めておこうと思いました。それに僕は断食のみならず、休日は1万歩以上のウォーキングもなるべく継続しているので、その影響もあってか、断食3日目あたりからは、若干腰が痛くなってきていました。

 

ただでさえ、飲食店でも立ち仕事をしているのに、休日にウォーキングもして、なおかつ断食もしているとなると、さすがに栄養不足になったのか腰が少しだけ痛くなり始めたのですね。これはさすがにいかん!と思って断食を終えた翌日には普通に3食食べてしまいました。今こうやって文章に書いてみて思ったのですが、3日間とはいえ、断食後にいきなり3食に戻すなんてちょっと早すぎだろと思いましたね。というか、普段は1日2食でやってきていたので、3食食べたというのは自分的にも食べ過ぎなんです。よっぽどお腹空いていて反動が出たという事ですね。今度から気をつけます。

 

次に断食をやった後は、仮に腰が痛くなってきたとしても、1日あたり1食ずつ戻していってここで良いや!と思えるラインがあったら、1日1食で継続して様子を見るという方法もありますね。文章で書いていると自分を追い込んでいるように見えますが、実際にファスティングは1日目がいちばんきついんじゃないかなと思います。なぜなら初日が最も食事を摂りたい気持ちが強いからです。

 

2日目以降になると、「ここまで来たのだから目標の日までがんばろう」という気持ちになります。この気持ちの切り替わりようは我ながらすごいなと感じました。まさにブドウ糖メインのエネルギーからケトン体メインのエネルギーに人体が切り替わっているのだなと実感します。という事で長くなりましたが、実はまた今日から断食を始めようと思います。今度は3日続くか分からないですが、できるだけ厳しくなりすぎない範囲でやろうと思います。

 

1日達成できただけでも自分を褒めてあげるくらいの気持ちが大事かなと。そしてどうしても食べたいと思ったら1日1食でも良いから、その代わりそれを継続するとか代替案を自分に課そうかなと考えています。もちろんできるだけやりきります。ではまた書きたいと思います。ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました