脱ステ7ヶ月半を経過した現在の休日の過ごし方。

前回は「脱ステ7ヶ月と24日目、ステロイド軟膏は脂溶性なので油の視点から考えてみた。」の記事を書きました。

 

こんばんは、今日は午前中も1記事書いたのですが、夜も時間が空いたのでもう1記事書いてみようと思います。今日も休みだったので、毎度おなじみ?の某大型ショッピングセンターの中をウォーキングしてきました。最近の記事を読んだら、休み多いな!と思われるかもしれないけど、基本的に休みは週3回ペースです。土日は仕事がある場合が多いから、必然的に平日5日の内の3日が休みになる確率が高いので、月から金の中に休みが詰まってる感じになります。まあ今の自分は脱ステロイドが第一優先だから、行動内容は毎回同じパターンが多いです。

 

これでもかっていうくらい同じ行動パターンを繰り返しているので、他人から見たら奇妙に見えるかも分かりませんね。まあ自分で承知の上でやっている事なので笑。その行動パターンとはですね、最近はまた新たにリニューアルした感はありますが、一応書いておきます。7時とか8時とか朝早く起きれた場合は、トイレ、手洗い、うがい、舌磨き、顔洗い、などを済ませて、水を飲んで、その後に白湯を飲む。そこから、着替えを準備して、お風呂に入ってシャワーを浴びるか、そのまま着替える。その流れで洗濯機を回して、リビングに戻って筋トレをはじめる。

 

自分は10kgダンベルを持っているので、それで30~40分くらい筋トレをする。文章で書いてみると朝からハードな事をしているなという風に見えるかもしれないが、そこまで本気で追い込む事はなく、気軽に無理のない程度にダンベル運動をしているという感じだ。例えばダンベルカール?のような筋トレでも1セット10~20回くらいにしている。

 

絶対に○回しないといけない!という決まりは無しにしているから、その時の体調や気分によって臨機応変に回数を決めている。それぞれの動きの正式な名称が分からないので書きようがないのだが、10kgダンベルを両手に握った状態で、肩の上にかまえてそこから上下にあげさげする運動もしている。他にも2種類くらいダンベルを使った筋トレ運動をしていて、それを30分くらいくり返す。

 

その時に、ダンベルとは別に握力グリップも使って、握力運動を間にはさむようにしている。握力グリップは2つ持っていて、片方は30kg、片方は20kgなので、30kgを右手に持って、20kgを左手に持って、両手が疲れるまでひたすらグリップを握るという運動をしている。これはこれで手の筋肉や前腕の筋肉に地味に疲労感が来るから、良い筋トレだなと思っている。このように朝から水や白湯しか飲んでいない状態で、30分ほど筋トレ運動をする。筋トレ運動をしながらも、間に屈伸や肩回しや腰回しなどのラジオ体操的な動きも挟んで、とにかく体を動かすようにしている。

 

これが脱ステに良いのかどうかというのは、完全に個人的な見解になるが、良いと思っている。朝からまだ何も食べていない空腹状態で、いかに体を動かしてあげる事で、体の脂肪を燃やしてケトン体エネルギーを使って、脱ステロイドを促すという感覚である。脱ステというのは、詰まるところ体内(血管壁など)にこびりついた脂肪毒だと思っている。しかし、これがどんな種類の脂肪だろうが、油は1g9カロリーというのは、変わらない。なので、またまた個人的な解釈になるかもしれないが、脱ステロイドというのは、究極のダイエットといっても過言ではないと思っている。

 

もちろん、自分自身が身を持って体験した苦しみだから、そんな簡単に脱ステロイドを他の事に例えるのは良くないとも思うが、7ヶ月以上の期間を経て、少し心の余裕を持ち始めたからこそ見える、客観的な捉え方としては、究極のダイエットという表現も間違っていないのかなと思ったりする。(脱ステに伴う痛みや出血などは全く別物だけどね。)

 

どんな種類の油も1g9カロリーという共通点がある以上は、脱ステロイドも自分の体内にある脂肪を燃焼させてケトン体エネルギーとして、どんどん消費していかないと行けない。この事に関してはまた別の記事で書こうと思うが、油(脂)は1g9カロリーという事は、色々な計算をすれば自ずと自分がどれくらいの運動をしなければいけないのかとか、何をしなければいけないのかが見えてくる。単純計算でいえば、1kgの脂肪を燃焼させるためには、1g相当の千倍だから9000カロリーを消費しなければいけない事になる。では1カロリー消費するためにはどうする?という計算をこの前、何気なくしてみたから、これは別の記事で書こうと思う。

 

1日の行動パターンを書くつもりで順番に書いていったのに、なぜか筋トレの部分で長々と書いてしまい、脂肪1gを燃焼させるための消費カロリーについてまで書いて話が逸れてしまった。軌道修正していくと、筋トレが終わった後は、朝食を食べる場合は食べる。食べない場合は、そのままパソコンを少し触ったり、洗濯物をベランダに干したりする。

 

そして昼食の時間になるまで某大型ショッピングセンターでウォーキングするために、着替えたり準備をする。以前は、昼食を食べた後に、大型店に向かっていたのだが、最近は昼食前にも時間があれば歩くようにしている。つまりウォーキングの量を増やしているのである。無理する事は決して良くないが、元気があり余っている内は貪欲に動き続けようと思う。

 

ちなみにその昼食とは、焼肉なべしま店のランチの事である。これは休みの日限定だし、週2回の自分の中の楽しみなので、ご褒美みたいなものである。焼肉なべしまのランチについても、また別の記事でゆっくりと書こうかなと思うので、ここではざっと書いておきます。なべしまのランチに行く理由はズバリお肉目当てではなく、サラダバーにある豊富な種類の野菜が目当てなんです。

 

脱ステロイドといえば、酸化コレステロールとか過酸化脂質という活性酸素が結びついた悪玉コレステロールを排出する作業?の連続である。体にとっては体内に酸化物があるというのは、やはりストレスである事は間違いない。せめて食べる物は自分の体に良いモノを与えてあげたいので、抗酸化作用が強い野菜や果物をたくさん摂ろう!という結論に至ったのです。まあ平たくいうと健康のために野菜をいっぱい食べようと思ったんです。

 

なべしまのランチを食べたら、その後はコスモスやコンビニで軽く買い物してから、先ほど出かけた大型ショッピングセンターに向かい、改めてウォーキングを再開する、という流れである。この時点で時刻は大体16~17時くらい。そこから夜の20時くらいまでは基本的にこの大型ショッピングセンターの中に滞在してます。まあジャスコなんですけどね。ジャスコの中での過ごし方は、前の記事で、ある程度書いたからここでは省略するけど、歩き方としては、中強度のスピード(少し早歩き)やゆったり歩きなどで、メリハリをつけて歩いています。最初の30分くらいは中強度の速度、でそこからは少しベンチで休憩してからゆっくりの速度で歩く。

 

最後の方は、ジャスコの2階のエリアが広くて人もそんなに多くないので、人気(ひとけ)のない広いエリアなどでは、歩きスマホをしています。歩きスマホといえば危険なイメージがあるかもしれませんが、歩く速度を最小限におさえて、広いエリアの通路でやれば全く危なくありません。そもそも人が少ないので誰かが歩いてきたらすぐに気配で分かりますし、そもそも誰もいないエリアを常に探しながらやっているので、大丈夫です。歩きスマホについてもまた別の記事で書いてみたいな。そんなに大したことじゃないけど、歩きながらスマホを見るって凄い事だなと個人的に思っている。

 

そんなこんなで夜の20時くらいになったら、家に帰って夜ご飯を軽く食べてから、洗濯機を回したり、お皿を洗ったり、歯磨きしたり、寝る準備をしたりして、寝る前に軽く読書してから、トイレに行って、就寝!という流れです。もっと細々した事はあるかもしれないけど、全部書いたらキリがないから、ざっと朝の起床から夜の就寝まで書いてみました。

 

これは休日バージョンです。このパターンをかなり毎週繰り返してます。他にやる事ないのかって自分でツッコみたくなるけど、全ては脱ステ優先でやってるからこその選択肢なので、しょうがないです。何か良い生活パターンを見つけたら、試してみます。長くなったけど、今日は休日バージョンの1日の過ごし方をざっと書いてみました。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました