脱ステロイド7ヶ月と20日目、筋トレとウォーキングはなるべく継続する。

前回は「脱ステロイド開始から7ヵ月半が経った現在の状況。」の記事を書きました。

 

こんばんは、時刻は23時を回ったところです。今日は休みだったので、丸一日自由に過ごしていました。といっても、自分の今の目の前の課題は、脱ステロイドなので、基本的には家の中でまったりと過ごす事ができません。なぜかというと、脱ステロイドは皮膚の中に沈殿している過酸化脂質を少しでも外に排出していく事がメインなので、少しでも運動した方が良いと思うのです。

 

「過酸化脂質」というのは、言い換えるなら善玉・悪玉の悪玉コレステロールが活性酸素と結びついてできた「酸化コレステロール」の事です。善玉コレステロールはHDLコレステロールといい、悪玉コレステロールはLDLコレステロールといいます。酸化コレステロールは悪玉コレステロールよりも性質が悪いと言われています。長年、皮膚科から出されたステロイドを塗り続けると、ステロイドが皮膚の中に沈殿して、血管壁に溜まっていくそうなのです。

 

その血管壁に溜まったステロイドが活性酸素と結びついて、酸化コレステロールに変化するのです。血中の酸化コレステロールが多くなると、局所に炎症を起こしたり、交感神経の過剰な緊張により、血液の流れが悪くなったり、白血球の顆粒球増加なども起こります。そうなると、悪い影響として、高血圧、白内障、網膜剥離、ステロイド潰瘍、生活リズムの乱れ、精神的な不安や絶望感など、ステロイド精神症と呼ばれる症状を起こす事にもなります。

 

こうやって書いていくと改めてステロイドって怖いですね、塗り続けていくだけでも、薬の効果自体が弱まっていくだろうし、アトピー性皮膚炎の肌にステロイドを塗る事自体が、その場しのぎの対症療法でしかないから、アトピーを根本的に治すことには繋がらない訳です。なので、全身大火傷や重度のアトピー肌などの命に係わる程の緊急事態でない限りは、ステロイドは使わないに越したことは無いのです。

 

全ての病気に言える事かもしれませんが、健康になる、あるいは健康でい続けるためには、食事・運動・睡眠などをバランス良く整えていくしかないと思います。かくいう僕も約5年間ステロイド軟膏を塗り続けてきたので、去年2018年の8月から脱ステロイドを初めて、かれこれ今月の3月で8ヶ月目になるところなのです。詳しい事は、別の機会にでも書こうと思いますが、5年間もステロイドを使い続けてきた人が脱ステロイドを始めるとなかなかの地獄を味わうと思います。今でこそ、ある程度自由に体を動かせるようになったり、笑ったりできるようになりましたが、最初の3~4ヶ月は特に地獄でした。

 

ステロイドを使用してきた全ての患者さんが、脱ステロイドでこういう体験をするのか、この目で見ていないので、正直なところ自分でも分からないのですが、少なくとも自分は、非常に辛い毎日を過ごしました。特にこれまでステロイドを塗ってきた体の部位に異変が起こり始めるのですが、簡単にいうと体中から血や浸出液が出てきます。まずステロイドの使用をやめてから数日経ってから、痒みが再発したり赤みが出たりすると思いますが、それでもステロイド使用をしなかったら、皮膚が切れやすくなって、出血したり、浸出液が出たりするわけです。

 

これは一番最初の段階の副作用だと思いますが、自分の場合は手や指先も切り傷みたいにできたりして、リバテープを10~20枚ほど貼っていました。最初の3ヶ月くらいは本当に辛かった。冗談抜きでリバテープを1000枚くらい使ったと思う。最初の段階は特に出血や浸出液が出やすいと言いますが、これは皮膚に沈殿した過酸化脂質が直接、体の外に排出されている過程だと言われています。なので、この辛い時期を乗りこえる事ができれば、出血などは次第に治まってきます。体の場所によっては、数ヶ月経ってもそういう事が起きたりしますが、何十回も何百回もくり返す毎に次第に治まってくる事は間違いないです。

 

ちなみに自分の場合は、手や指先などの切り傷や出血などは、ほとんど今では無くなりましたが、右脚の太ももの外側や左肩の皮膚などは、今でも掻いたりしたら多少血が出たり、浸出液が出たりもします。こればかりは、今までにステロイドを使用してきた量や年月によって変わってくるものなので、いつ終わるかというのは一概にはいえませんね。

 

話しがかなり逸れたというか、最初の本題がなんだったのかちょっと曖昧になりましたが、脱ステロイドするために大切な事の一つに運動するというのがあります。簡単にいうと、とにかく体を動かした方が良いという事です。体の関節や筋肉や皮膚などを動かす事によって、血流が良くなったり、良質なホルモンが分泌されたり、基礎代謝が上がったり、体温が上がったり、脳の働きが良くなったり、皮膚の再生力が上がったりします。ざっと書きましたが、運動にはメリットがたくさんあると思うし、脱ステロイドするなら運動習慣をキープする事は欠かせません。

 

僕は休みの日はできるだけ1万歩以上ウォーキングするようにしています。10kgダンベルによる筋トレ運動に関しては、ほぼ毎日しています。筋トレは30分以上やるのが理想的ですが、どんなに短くても10分以上はやるようにしています。何事もそうですが、自分を「ねばならない状態」に追い込まない事です。少しでもアクションを起こせたら合格。と言えるくらい、ハードルを低く保つ事が継続するコツだと思います。そして1%でも状況が良くなったら自分を褒めてあげる。これが脱ステでも大事な事だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました