「文章の型」を学ぶと文章を書くのが楽になる

文章・言葉
この記事は約4分で読めます。

「文章の型」を学ぶと文章を書くのが楽になる

2021年1月21日更新のマナブさんのYoutubeの内容がとても勉強になりました。「【保存版】わかりやすい文章の書き方講座【SNSを伸ばす為の文章術】」それを少しアウトプットします。「文章には型がある」との事で、その型どおりに書いていけば、文章が書きやすくなり、文章力が上がるようです。

それが、結果的には読み手や視聴者にとっても、理解しやすい文章になるという事です。

その「文章の型」とは、

・主張
・理由
・具体例

を1セットとして考える事です。

または、

・主張
・理由
・具体例
・反論への理解
・主張の繰り返し

を1セットとして、文章を書きます。

これは、以前にも少し聞いた事があるような気がします。

自分がそれを理解して、使いこなせていないのであれば、聞いた事があっても意味がないので、今一度、ここで理解を深めたいと思います。

今回のマナブさんのこの教えは、特に有益度が高いと思いました。

これは「なるほど、為になった!」と思うだけでなく、できるだけ今日からでも、自分のモノとして実践する必要があると思いました。

主張・理由・具体例はブログ以外にも使える

ブログ1記事になると、ある程度の長文を書かないといけないですが、Twitterなら140文字以内で投稿できるので、上記の型通りに何かしらの文章を書こうと思います。

多分140文字超えてるでしょうが、簡単な例でも良いので、何か書いてみましょうか。

・主張

過去の事を後悔しても意味がないです。

・理由

なぜなら過ぎ去った時間は戻ってこないからです。それだけでなく、過去の事を後悔し続けると、現在の思考や行動にも悪影響を与えてしまうので、パフォーマンスが下がり、結果的に理想の未来を実現するのが難しくなります。

・具体例

後悔するのではなく「あの時どうすればより良い結果を得られたか」「どうすれば回避できたのか」などの改善策を冷静に分析できたら、未来の理想のゴールに向けて、いま目の前にある事に集中するべきです。

一応、頭に浮かんだ言葉を書いてみましたが、主張と理由までは書けましたが、具体例に関しては具体例というより、解決策という感じになりましたね。

ちょっと違う感じですが、文章としては一つのまとまりになっているので、良しとしますか。

もう一つ作ってみましょう。

・主張

運動はできるだけ毎日やった方が良い。この場合の運動とは、最低でも30分以上歩く事である。

・理由

運動を続ける事で、生活習慣病を予防する事ができる。また、脳機能が向上したり、仕事のパフォーマンスが上がるから。

・具体例

成功者や仕事ができるビジネスパーソンほど、運動を継続しているというデータがある。

こんな感じですかね。

さらに、もう一つ書いてみましょう。反論への理解は、ちょっと難しいので省きます。

・主張

ゴミを道端に捨ててはいけません。

・理由

ゴミをゴミ箱以外の道端などに捨てると、どんどん道端のゴミが増えてきて、環境汚染にも繋がるし、周りの人にとっても迷惑だからです。

・具体例

例えば公園にゴミをポイ捨てする人は、自分たちが遊ぶ場所を自ら汚している。1個や2個では気にならないかもしれないが、それが10個、20個と増えてくると、自分たちの居心地もいずれ悪くなる。

ゴミをポイ捨てする人は、他人から見た評価も下がるので、結果的に自分の価値を下げている。それによるマイナスは大きい。

こんな感じですかね。具体例が意外と難しいですね。パッと浮かばないので、考えすぎてしまいます。もっとシンプルに書いた方が良さそうですね。

「型」があると文章に輪郭が付いてくる

主張・理由・具体例に関しては、シンプルに書けばTwitterなどのSNSでも使えると思うので、今後のツイートでも意識していこうと思います。

文章は書けば書くほど上達するとは言われますが、この様に「型」を意識して書いていくと、ぼんやりとしていた文章のイメージに輪郭が付いてくるので、とても良い方法だなと思いました。

今回の記事が参考になりましたら幸いです。

文章・言葉
ぜひシェアしていただけると嬉しいです(^^)
フォローしていただけると嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

角井孝地のブログ

コメントを書く

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました