2021年になり運動の前後に行うモーニングルーティンを変更

ブログ
この記事は約5分で読めます。

本日は1月9日の土曜日、時刻は13時35分です。今日は脱ステロイド中の自分が、今年というか、ここ最近の中では、最も早いスタートを切りました。

起床時間としては今日は10時半ごろだったので、そんなに早くないのですが、そこから朝のルーティンをこなして、外を25分ほど散歩して、帰宅して軽く朝食を食べてから、部屋に戻り25分ほど読書してからの、現在です。

何が言いたいのかというと、パソコンを触り始める時間としてのスタートがここ最近の中で、一番早いという事です。

時間としては13時半ごろなので、午前中じゃないので、そこまで早くない様に見えますが、あくまでも自分の中ではかなり早い方だという事です。

ただ、いつもと同じくらいの起床時間にも関わらず、早いスタートを切れたというのは、なぜかというと、いくつかのルーティンを引き算して、変更したからです。

具体的には、ウォーキング前に行っていた自宅での筋トレ(腕立て伏せ、握力グリップ)と、ウォーキング後に行っていた公園の鉄棒の筋トレを省きました。

本当はどちらかはしたいなと思っていたのですが、1月9日の今日は何と朝から軽く雪が積もっていて、けっこう外が寒いので、公園の鉄棒は中止しました。

それに雪が降った後なので、冷たい事はもちろんの事、おそらく鉄棒に水滴も付いている様な気がするので、諸々の理由で今はやらない事にしました。

自宅の腕立て伏せなどの筋トレに関しては、やらない訳ではないのですが、ウォーキング前にやるのは止めようかなと考えたのです。

腕立てや握力グリップに関しては、家にいる間は、いつでもできるチャンスがあるので、何もウォーキング前じゃなくても良いじゃないかという結論に至ったのです。

2020年の下半期は、必ず毎日ウォーキング前に自宅での筋トレを行っていました。それほど手指の脱ステロイドの優先順位が高かったのは、間違いない事ですが。

2021年からは、手指の脱ステももちろん継続しますが、それ以上に、朝起きたあとに、家のモーニングルーティンを終わらせたら、さっと外にウォーキングしに行くという流れを、作りたいと思っているのです。

これは、朝から会社にお仕事に行かれる方にとっては、ごくごく自然な事です。

2018年から脱ステロイドを始めた自分にとっては、この午前中にさっと外に歩きに行くという行動は、とてつもなくハードルが高い事でした。なので、これができるようになる事は、一つの大きな進歩なのです。

あと一つ、昨日までは、外に散歩する前に家でブラックコーヒーと、バナナ1本とヨーグルト100gほど摂取してました。場合によっては、パンとか他の食べ物も少し食べたりしながら。

おまけにその時に時間を有意義に使おうとして、スマホでYoutube動画を見ながら、食べたりしてました。

別にこれ自体は、何も悪いことをしている訳では無いのですが、何が問題かというと、これをやると、外にウォーキングしに行く時間がどんどん後ろにずれるんですよね。

これは2020年の最後の方には、既に少し違和感を感じていました。自分としては、外を歩く時間は今では30分くらい歩ければ、それで良いと思っています。

しかも、外を運動して、さらに公園で鉄棒もした後は、そのまま自宅で昼食を取る事が多いです。ただ、冷静に考えたら、軽食とはいえ、自宅を出る前にもパンやバナナやヨーグルトなどを食べているのです。

運動や公園の鉄棒などの時間にもよりますが、大体、1時間から1時間半くらいです。なので、家を出る前と帰宅後に食べる事を考えると、いくら運動や筋トレをしているとはいえ、その間がちょっと短いかなと感じたのです。

ちょっと遠回りしましたが、とにかく、それらの習慣は少し不自然だなと思ったので、思い切って変更する事にしました。

■変更前

起床
→家のモーニングルーティン
→部屋で筋トレ
→ブラックコーヒーやバナナ、ヨーグルト等の軽食
→外でウォーキング&公園の鉄棒
→帰宅後に昼食
→パソコン、という流れ

■変更後

起床
→家のモーニングルーティン
→外でウォーキング
→帰宅後にホットカフェオレ、バナナ、ヨーグルトなどの軽食
→パソコン、という流れ

こっちの方(変更後)が圧倒的に早い!という結論に至りました。タスクを減らしているので、当たり前といえば当たり前なのですが。

まあ2020年に関しては、それほど追い込んでこそ、得られる効果もあったので、それらの行動自体は、全く後悔していないです。

西暦が2021年に変わったからといって、地球規模で大きな変化がある訳ではないです。

ただ、占星術的に見ると、年末と年始の星の動きとしては、とても大きな変化がありますので、そう考えると、これを機に、今までの自分のルーティンを変化させていくタイミングかなとは思います。

公園の鉄棒自体は、これからもやっていきたいですが、毎日必ずという訳ではなく、その時の体力や時間的な余裕を考慮した上で、やるかやらないかを決めていきます。

腕立て伏せと握力グリップ等の自宅の筋トレに関しては、タイミングを変えるだけで、これまでの様にウォーキング前に行うというのを、止める事にします。

自分が会社に勤めているサラリーマンだとしたら、朝から家を出る前に筋トレを30分とか1時間とかやっている余裕は無いと思います。

より社会に適している行動パターンを作りたいと考えているので、朝早くても家を出られる自分でいれるように、ルーティンを作る事にします。

念の為に、もう一度書いておきますが、あくまでも脱ステロイド中だからこそ、行動がスムーズにできないので、全回復さえすれば、もっと自由に動けるようになるので、ご了承頂けると幸いです。

健康だった10代や20代前半の頃の様にフットワーク軽く動けるように、これからも体質改善とルーティン改善をしていきます。

ブログ
ぜひシェアしていただけると嬉しいです(^^)
フォローしていただけると嬉しいです(^^)

スポンサーリンク

角井孝地のブログ

コメントを書く

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました