2020年7月21日は2回目の蟹座新月「6月の気づきを収入に繋げる」

トレンド
この記事は約3分で読めます。

前回は人は過去の習慣に縛られるの記事を書きました。

2020年は蟹座新月が2回起きる

2020年7月21日は、今年2回目の蟹座新月になります。第2ハウスで起きる新月なので「所有・財産」などを表します。通常は1つの星座に月が回るのは、ひと月に1回ずつです。今回はひと月に2回、蟹座新月が起きるので、ダブル蟹座新月と呼ばれています。

1つの星座の角度が30度なので、おそらく1回目が0~1度の間で、2回目が29度前後で起きていると考えられます。要するに一星座の始まりと終わりの角度で、新月が起こるという事です。

宇宙は蟹座のエネルギーを強調している!?

1ヶ月の間に新月が2回起きるというのは、レアな出来事です。それだけその星座で起きる新月のメッセージが強い事の表れだと言われています。

専門家の方によると、こういう時の宇宙は、蟹座のエネルギーを強調しているとの事。蟹座といえば、家、家族、テリトリー、仲間、感情、心、女性性、模倣、ファミリービジネス、などの要素を司ります。

月は蟹座のルーラー

ちなみに蟹座のルーラー(守護星と呼ぶ人もいる)は月です。逆にいうと、月のホームグラウンドは蟹座になります。なので、月のパワーが最も発揮される星座は蟹座という事です。

さらに余談ですが、自分は月星座が蟹座なので、今回のダブル蟹座新月のエネルギーをより強く受けると思います。自分の月星座で起きる新月・満月は、他の星座で起きる時より、強い影響を受けます。

1回目の蟹座新月で得た気づきがヒントになる

2020年の1回目の蟹座新月は6月21日でした。この日は、夏至・金環日食の日でもあり、かなりレアな新月でした。「女性が新しい生き方に、潜在意識レベルで気づき始める」というメッセージもありました。

「女性性、母性、家族や仲間との絆、等が大切になる」事や「自分自身のルーツを振り返る」事が、1回目の蟹座新月のメッセージでした。

2回目(7/21)の蟹座新月では「1回目(6/21)の新月で得た気づきを仕事に繋げる」という事が大切なようです。1回目の新月で得た気づきを活かして、仕事として確立させて、お金の流れを作る。これが自分のためになり、社会のためにもなる。

2020年は常識が大きく変わる1年

そもそも2020年は山羊座TGC(トリプルグレートコンジャンクション)のエネルギーによって「常識が大きく変わる1年」といわれています。TGCとは、土星・木星・冥王星の3天体が山羊座に集合している事から、そう呼ばれています。

この「常識が大きく変わる1年」という大きなテーマを、今回の1回目の蟹座新月で得た気づきを通して、2回目の新月までに「自分なりに落とし込んでいく」というのが、重要になってきます。これが6月~7月にかけての壮大なテーマです。

2ハウスは所有・財産を表す

いずれにしても第2ハウスで起こる蟹座新月なので「6月に得た気づきを、どうやって自分の収入に結びつけるか」というのがテーマでもあります。

今回のダブル蟹座新月は、とても面白いなと思います。自分も少しずつではありますが、色々な事が変わり始めているので、この先の未来がどう変わっていくのかが楽しみです。月星座も蟹座なので、今回の2回目の蟹座新月のパワーを存分に受け取りたいと思います。

コメントを書く

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました