FXのデモトレード口座開設とMT4のダウンロードが完了

FX投資

RRiceさんによる写真ACからの写真

前回は梅雨は降水確率80%ずっと超えてるから運動するならタイミングの記事を書きました。

FX投資の勉強と行動をはじめる

FX関連のインプットやアウトプットをしよう!と思い、とりあえずYoutubeでFX投資の初心者向けの動画を見ました。少しずつでも勉強と行動を開始しようかなと。正確には1月からインプットは始めていたのですが、色々と忙しくて、2月~5月まではインプットすらできなくなっていました。

初心者向けとはいえ、30分くらいで、FXの基礎知識、円安と円高の事、差金決済、レバレッジ、取引単位、取引時間、手数料、スワップポイント、FXのリスク、などについて分かりやすく解説してくださる動画でした。

こういう初心者向けの動画でも、1回見ただけでは、頭の中に全ては残らないんですよね。見ている時は、何となく理解できたと思っても、それを何も見ていない状態で、誰かに話したり、メモ帳に書けるかといったら、できないと思います。

長期記憶にするには復習とアウトプットが必要

人の記憶力には個人差がありますが、自分は1回見たり聞いたりしただけでは、それを誰かに説明しようとしても、おそらく半分も説明できない気がします。しかも時間が経てば経つほど、短期記憶に保存されてる情報は、忘れていきますからね。

記憶をしっかりと定着させるためには、2回、3回と覚えるまで復習すること。そして、インプットした情報は、ちゃんとアウトプットすること。短期記憶に保存された情報を、長期記憶に保存するためには、上記の2つの条件が必須だと思います。

なので、分かった気になっても、それを誰かに説明できないのなら、自分のモノにできていないのと同じ。と肝に銘じて、復習やアウトプットを欠かさないようにします。

FXデモトレードの口座開設

実はついにFXのデモトレード専用の口座開設をしたのです。5月の時点で、リアルトレードの方の口座は開設していたのですが、デモトレードの方はまだでした。

そもそもデモトレードとリアルトレードの口座が別々で存在しているという事すら知りませんでした。ちなみにデモトレードを簡単に説明すると、仮想のお金でFXの売買の練習ができるトレードの事です。

初心者の内は、いきなり自分のお金でトレードに挑戦すると、勝ち負け以前に、そもそもトレードの基本的な操作すら普通にできないと思います。買いを入れたり、売りを入れたり、そういう当たり前の操作すら、普通にできずに、凡ミスをする可能性があります。

そういった凡ミスを無くして、普通にトレードの操作が出来る様になるために、デモトレードがあるという事です。デモトレードの証拠金は、仮想のお金なので、もしこれが0円になっても、また何度でもやり直す事ができます。デモトレードすごいですね。

MT4(メタトレーダー4)をダウンロード

そしてFXトレードをする為には、リアルとかデモとか関係なく、トレーディングプラットフォームというモノが必要になります。

プラットフォームとは、ITの分野では、ある機器やソフトウェアを動作させる為に、必要な基盤となる装置や、ソフトウェアやサービスなどの動作環境の事をいいます。つまり、トレーディングプラットフォーム=トレードする為のソフトウェアとか、そういう意味ですね。

僕が開いた口座のFX証券会社は、is6という証券会社ですが、is6が4推奨しているトレーディングプラットフォームは、MT4(メタトレーダー4)というツールでした。なので、デモ口座を開設すると同時に、このMT4というツールをダウンロードしました。

デモ口座を開設したら、ID・パス・サーバーなどの情報がメールで送られてくるので、それらを入力してログイン。自分が売買するであろう主要通貨の表示・非表示などの設定をする。

デモ口座の準備だけで意外と難しかった

記憶にある限りでは、前日の作業はこれくらいですかね。ここまでやるだけで、大変でした。というか、これらの作業は、投資歴3年以上の知り合いの方に、ディスコードのチャットで教えてもらいながら、進めました。その人がいなかったら、間違いなく一人ではできませんでしたw

それくらいFXは右も左も分からないという感じですね。分からない事が多すぎて逆にワクワクします。という事で、これからは、少しずつでもFXのインプットとアウトプット(行動も含めて)をしていこうと思います。

is6comの証券口座

コメント

  1. […] 前回はFXのデモトレード口座開設とMT4のダウンロードが完了の記事を書きました。 […]

タイトルとURLをコピーしました