脱ステロイド1年5ヶ月、肌のゴワゴワを減らす為にはお肉を食べない方が良い?

ブログ

toyaさんによる写真ACからの写真

前回は朝起きた時の脳内は余計な情報が溜まってるから一回外に出すことが大事の記事を書きました。

 

久しぶりに脱ステロイドに関する事を書きますが、最近はずっと肌のゴワゴワに悩んでいました。最近といっても、脱ステ開始からずっと肌のゴワゴワやガサガサは、あるにはあったのですが。

 

一時期、良くなりかけていた部分がなぜか、去年(2019年)の11月とか12月くらいに、また悪化したような感じがしたのです。特に手指あたりと肘から手首にかけての部分。

 

11月の頭から運動は始めていたので、全体的には良くなっている感覚はあったのですが、一方で手や肘周りが微妙に悪化していたのです。

 

ウォーキングやランニングなどをインターバルで繰り返す運動を、11月から最低でも週4回以上のペースで続けていました。その継続のおかげで、ひざ裏や太もも周りのゴワゴワ感は、少しずつでも減ったので好調だったのですが、手の周りがなぜかゴワゴワしてきたのです。

 

目に見える程の明らかなレベルとまでは言わないですが、手指に関しては、確実に以前より痛みが増してきたので、手を洗うだけでも辛かったです。

 

ゴワゴワが増えるという事は、それと同時に乾燥しやすくなっているとも言えます。あと、たまにむず痒くなったりもしていたので、どうしても掻いてしまいます。すると必然的に手指の皮膚に引っかき傷ができて、そこに乾燥するという条件が加わると、部分的に皮膚に切り傷ができるようになるのです。

 

これがまあ、何とも痛いわけですね。先ほども書いたように手を洗う時にその切り傷に水がしみて、ヒリヒリしたりズキっとした痛みが襲ってきます。しばらく温水に手を浸していれば、皮膚が柔らかくなってきて、多少は慣れてくるのですが、それは手が濡れている間だけですからね。

 

もちろん痛みがひどい所は絆創膏を貼ったりしますが、皮膚が再生してきても、また乾燥やむず痒さが襲ってくると、掻いて傷ができる、という同じことの繰り返しでした。

 

しかし!この地獄の無限ループを抜け出す突破口を見つけれた気がします。同じ事を繰り返しながらも、自分は定点観測のように、常に新しい方法を試していったのですが、やっと効果を実感できる方法に出会えた気がします。

 

もったいぶらずに言いますと、それは「できるだけ肉を食べない事」です!これは今まで色々な食事を試してきた結果、かなり効果を実感しています。

 

というのも、僕はとある飲食店で働いているのですが、その飲食店ではたまに余ったお肉を貰う事ができます。(毎日ではないですよ)お肉を貰う事ができるだけに、どうしても家で食べる食事の中でそのお肉を食べる機会が増えます。

 

もちろん1日でアホみたいに食べるような事はしていないですが、多めに貰った時は、昼と夜もお肉、とか2日連続、3日連続でお肉、とかそういう食事習慣もざらにありました。

 

なので、もしかしたら人一倍、お肉を摂取する量が多かったかもしれません。でも、最初の内は特に違和感を感じていなかったのですが、やはり肌のゴワゴワ感が増えてきたときに、何かがおかしい。と思うようになりました。

 

最初の内には、まさかそれがお肉が原因で、肌がゴワゴワするなんて思ってもいませんでしたが、定期的に食事に変化をつけていこうと思い、ついに今年の1月1日からお肉をできるだけ食べないようにしてみよう、と考えたのです。

 

すると、3日目か4日目あたりで、微妙に肌のゴワゴワ感が減ってきている感じがしたのです。これは、もしかしたら効果が出ているかもしれない!と思い、ずっと継続しているのですが、今日で7日目になりますが、明らかに肌のゴワゴワが減少しています。

 

ついに正解を見つけたーーー!という最高の気分でした。

 

もちろん、まだまだ油断はできないですが、しばらくお肉断食を続けてみようと思います。最低でも1ヶ月は続けてみます。もしもそのまま調子が良くなっていったら、2月以降もお肉を食べないかもしれません。お肉を食べない事で体調が悪くならない限りは、ずっと食べないかもしれません。

 

まだ先の事は未定ですが、少なくとも肌のゴワゴワや、それとむず痒さも減ってきたので、かなり嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

もちろん糖分や塩分なども摂り過ぎないように気をつけてはいますが、最も大きな原因は今のところお肉だという結論に至っています。

 

お肉を食べない事で貴重なタンパク質を摂取する方法が減ったように思われるかもしれません。しかし、その代わりに僕は、納豆や豆腐などの大豆製品、サバ缶や刺し身などの魚類などから、たんぱく質を摂取しています。

 

そして、なるべくパンより麺や白米を多くする、野菜海藻豆類きのこ類などを摂る、ヨーグルトやチーズやキムチなどの発酵食品を定期的に摂る、小腹が空いたらブラックチョコやナッツなどを少量食べる、水分補給は水かお茶かブラックコーヒー、毎日小さじスプーン一杯分のMCTオイルを摂る、などのマイルールを守っています。

 

後は、週4回以上はこまめに運動を続けることですね。

 

このまま順調にいけば、1ヶ月後の2月頭には、もっと肌が良くなっている気がします。お肉を断つだけで、肌が良くなるのなら、こんなに嬉しい事はないです。

 

もしも肌が回復してきたら、少しだけお肉を食べるかもしれませんが、慎重に調整していきます。

 

お肉を食べるという事は、少なからず飽和脂肪酸やコレステロールなどを変動させていたのでしょうね。少量ならば問題ないと思いますが、数値が高まっていたとしたら、やはり食べないという選択肢を摂る事がまずは正解になりますからね。

 

しばらく様子を見てみようと思います。

 

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました