朝起きた時の脳内は余計な情報が溜まってるから一回外に出すことが大事

ブログ

前回は中学の同級生に飲み会に誘われから行ったら同窓会というサプライズだったの記事を書きました。

 

何でもいいから、文章というのは書くことが大切です。特に朝起きた時は、頭の中に余計な情報がたくさん入っている状態だと思うのです。実際に頭の中の情報状態を見る事はできないですが、感覚的にそんな気がします。

 

それが、本やネット記事を読んだり、テレビや動画などの映像などを見る事で、新しい情報が脳内にインプットされます。これによって脳内の情報状態が古いモノから新しいモノに入れ替わる感じがします。

 

ただし、僕は新しい情報をインプットするだけでは、脳内情報を入れ替えるには不十分な気がします。なぜなら、まだ朝起きた後の頭の中にあるごちゃごちゃした余計な情報が残っているからです。

 

イメージとしてはこのごちゃごちゃした情報を外に出してから、新しい情報をインプットする事によって、脳内の情報が入れ替わると思います。なので、起床後にブログなどの文章を書く時は、いきなり投稿用の文章を書くのではなく、その前に何でもいいからメモ帳やワードなどに書き殴った方が良いと思います。

 

もちろん、いきなり良い文章が書ける人はそのやり方で良いと思いますが、書き始めは何を書けばいいのか分からない、という人もいるでしょう。そういう方は、新しい情報をインプットする前に、脳内にあるごちゃごちゃした余計な情報を書きまくる事をおすすめします。

 

本当に書く内容は何でもいいです。どうせ消す前提で書くので、気にせずにバンバン書くという事が大切です。今日の日付や曜日や現在時刻などを書くのも良いですし、昨日の夜ご飯のメニューを書くのも良いですし、今日の予定を書くのも良いです。とにかく頭の中にある情報を一度、外に出すという作業をする事が大事です。

 

それによって、頭の中がデトックスされてクリーンになるので、その状態で新しい情報をインプットしてから、書きたい記事を考えたり、イメージしたりします。執筆に関しては、人によってやり方がそれぞれあると思うので、自分が一番やりやすい方法で良いとは思いますが、もし参考になりましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました