Windows10の無償アップグレードの情報を見たので試してみたら本当にできた

PC・スマホ

前回は石焼ビビンバランチで卵の白身も入れたら美味しさとタンパク質がアップした。の記事を書きました。

 

「Windows10へのアップグレードは2019年12月の今でも無償でできる?」という何気なく読んでいたライブドアニュースの記事に書いてあったので、さっそく検索&実行してみました。グーグルで「windows10 アップデート」と検索する。

 

すると一番上のサイトでMicrosoftの「Windows 10 のダウンロード」https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80が載っていました。このサイトの上の方に「ツールを今すぐダウンロード」と書いてありましたので、そちらをクリックするとダウンロードができました。

 

そのツールの使い方の詳細は、記事の説明に書いてありますので、その通りに進めていけば普通にできると思います。どうやら本当に無償でアップグレードができるみたいですね!

 

僕が見たところWindows10には3種類ありました。「Windows 10 Home」と「Windows 10 Pro」と「Windows 10 Pro for Workstations」です。もちろん、どれがどんな風に違うのかというのは、知りません。ただ説明欄に書いてありましたので、簡単にシェアしておきます。

 

「Windows 10 Home」は「個人や家庭での使用に最適です。パソコン1台用ライセンス。」と記載。価格は19360円。

 

「Windows 10 Pro」は「拡張機能を必要とする小規模ビジネスやユーザーに最適です。パソコン1台用ライセンス。」と記載。価格は28380円。

 

「Windows 10 Pro for Workstations」は「負荷の高いワークロード計算機能を必要とする上級ユーザーや小規模ビジネスに最適です。パソコン1台用ライセンス。」と記載。価格は43052円。

 

という感じでした。

 

おそらく一番上の「Windows 10 Home」が「個人や家庭での使用に最適です。」と書いてありましたので、最も一般的なニーズのツールだと思われます。今回、無償アップグレードできるWindows10も、この「Windows 10 Home」にあたるでしょう。

 

普通に有償で行うと、一番低価格のツールでも、約2万円ほど掛かるので、これが無償でできるとなるとかなりお得である。何で無償でダウンロードができるにも拘らず、有償でも販売されているのでしょうかね?これがいわゆる情報を知ってるか知らないかで損得が出る大きな分かれ道なんですかね。

 

よっしゃ。同意する為の規約の所まで行ったから、ほぼほぼ確実に無償アップグレードができるみたい。2万円くらいするはずのモノが無料でできるとなると、これはかなり嬉しいですね。モチベーションが上がります。古い方のPCでもまだまだ長く使えそうです。

 

「Windows10をダウンロードしています」表示されました。このPCをアップグレードするか、他のPCをアップグレードするか、の問いかけがあったので、それを選択したら始まりました。今、進行状況:○%という感じで表示されています。何気にめちゃくちゃ嬉しいです。ライブドアニュースを読んでいて、ある意味、初めて実践的な情報をゲットしたなと思いました。まあそれは自分次第ですけど。

 

でも何気なくニュースを読んでいても、自分にとって重要な情報というのは、やはり光って見えるというか、目につきますね。「ん?これはもしかして、、」という感じで読み進めると、正に今の自分にとってドンピシャの有益な情報に出会えた!みたいな展開でした。ネットニュースも捨てたもんじゃないですね。この記事のライターさんに感謝です。

 

現在、進行状況が20%を達成した所です。今の内にライティングしておく事にします。これはもはや、ブログ記事にできるレベルかもしれませんね。もしかしたら今でも僕と同じようにWindows7のままの人もいるかもしれないですからね。そういう人にとっては、Windows10に無償でアップグレードできるという情報は、この上なく有り難い情報ですからね。

 

Windows7のままでは、Windows10にアップグレードしていない人たちは、2020年の1月には完全にMicrosoftからのサポートが無くなるらしいです。サポートが無くなると、これまでの様に更新プログラムのインストールやアップデート等が行われなくなります。

 

更新プログラムのインストールやアップデート等が行われなくなると「常にウイルス感染のリスクに晒される事になる。」的な事が書いてありました。普通に怖いですよね。僕もこの無償アップグレードの情報を知るまでは「あ、古い方のパソコン終わったかも。」と思ってました。

 

普通にお金払えば良い話だったのですが、このWindows7の状態のパソコンは2台持っている内の古い方のパソコンだったので、そこまでしたくないなーと思っていたのです。新しい方のパソコンは今年の8月に買ったので、最初からWindows10が搭載されていました。

 

新しい方のPCさえ最新のWindowsがインストールされていれば大丈夫かな~と思っていました。いざWindows7のサポートが終わるという通知が来るとなると、やはり不安な気持ちになりましたね。何せウイルス感染のリスクに晒されると書いてありましたから。

 

一応、セキュリティソフトのノートンは、新しいPCにも古いPCにもインストールはしていたのですが、それとWindows7のサポート終了によるウイルス感染のリスクは、また別問題なのかな?とか曖昧な状態のまま結局分からないので、放置しようと思ってましたからね。

 

何はともあれ、あと1ヵ月位でWindows7のサポート終了だったので、ギリギリの所で間に合って良かったです。強運の持ち主やなと思いましたね。(だったら最初の無償期間にしとけやって感じですね。)

 

Windows10のダウンロードが完了して、また長い文章の規約が出てきたので「同意する」をクリックして、次は「更新プログラムをダウンロードしています」と表示されました。「更新プログラムをチェックしています:14%」と出ています。まだもう少しだけ掛かるみたいですね。

 

Windows10のセットアップが全て完了するまでの間に、こうやって気長に文章を書いて待っています。しばらく、この記事を最初から編集中。。5~10分経過した後に、「インストール準備完了」の画面が表示されました。

 

ちなみに、インストールされる種類はやはり「Windows 10 Home」と書いてありました。それでは「使用中のPCでは、インストールを行う事ができませんので、作業中のファイルを保存して閉じてください。」的な事が書いてありましたので、ここら辺で一旦、ファイルを閉じる事にします。

 

あれから数日後の記事更新になりますが、結局あの後は再起動する事になり、無事にWindows10をインストールする事ができました。結構長い時間が掛かっていましたが、その間は夜ご飯を食べたりお風呂に入ったりしていたので、寝る前の時点ではほぼほぼ完了していました。後は、最初の設定項目などが表示されていましたが、寝る前だったので翌日で良いやと思い、そのままPCをスリープさせました。

 

最後の文章はかなり適当な感じになりましたが、前半記事や検索エンジンで出てくる記事通りにやれば、上手くいくと思います。ぜひやってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました