消費税増税したけど、スーパーで買い物して家で食べるのが節約になるよ。

トレンド

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

前回はなべしま焼肉店のビビンバランチはご飯も野菜も意外とボリュームがある。の記事を書きました。

 

消費税増税したけど、スーパーで買い物して家で食べるのが節約になるよ。

 

10月になり、ついに消費税増税しましたね。これからは、消費税が8%から10%になる。しかし、軽減税率や経過措置というルールを作る事で、消費税が8%のままのモノも結構あるみたいです。

 

お持ち帰りの食料品は8%、お酒類は10%

 

例えば、スーパーのお買い物などのお持ち帰りの食料品は8%。食料品以外の生活用品などは10%。お酒類は10%。食料品でも酢などの調味料にアルコールが入っていたら、それはお酒類に分類されて10%だとか。

 

それもアルコール度数が1%以上の商品が10%対象で、1%未満の商品は8%のままだとか。

 

週2回以上の新聞の定期購読は8%

 

いや、これだけでも結構面倒くさいですね。他にも週2回以上発行している新聞は8%とか(定期購読契約に基づくそうです)。という事は、週2回より少ない発行の新聞は10%という事?これはこれで細かいですね。

 

まあ僕は新聞を全く読まないので関係ないのですが。速報ニュースはLINEニュースやライブドアニュース等のネット記事で十分です。

 

飲食店(外食)はテイクアウトが軽減税率、イートインが10%

 

スーパーのお買い物なら基本的にお持ち帰りしか無いと思うので、食料品はほぼ8%じゃないですか。問題は飲食店ですよね。

 

飲食店とはつまり外食の事ですが、お持ち帰り(テイクアウト)は軽減税率で8%、お召し上がり(イートイン)は10%というルール。これは数ある消費税増税の法律の中でも多くの人が知っている事と思われます。

 

飲食店によっては、テイクアウトとイートインの税込価格を同一に

 

一部の飲食店は、テイクアウトとイートインの消費税を同じ10%に統一した所もあるようです。ケンタッキーやマクドナルドは、テイクとイートの税込価格を同一(10%)にしたようです。モスバーガーや牛丼の吉野家は、テイクとイートの税込価格を8%と10%に分けたようです。

 

テイクとイートの消費税を同じ10%にした飲食店は、お客さんの立場からしたら、8%で購入できるお持ち帰りの特権が無くなり、一見マイナスの事のように見えます。お持ち帰りで購入したら8%になる飲食店の方が、2%の差とはいえ、安く買えるので消費者からしたら嬉しいはずです。しかし、実際にはこの2%の差を気にする人もいれば、あまり気にしてない人もいるようです。

 

それでも店内で食べたい人は10%を気にしない

 

気にしてないと言うと語弊があるかもしれませんが、正確に言えば、「その時の自分の気持ちを曲げてまで、安い価格の方を選ぼうとは思わない」という意見があるようなのです。

 

元々、テイクアウトのつもりで買いに来たのであれば、8%で購入する事に何の問題もないです。ただ、本当はイートインで食べたいにも関わらず、テイクアウトの方が安いからという理由で、テイクアウトにする事はないという意見のようです。

 

要は「外食は外食だから落ちついて店内で食べたい」「2%の軽減税率の為だけに店内で食べたいという気持ちを曲げたりしない」という事ですね。

 

個人的には、ほとんど外食しないので気にしてない

 

反対に2%の差でも、少しでも消費税を安く抑えたいという方も、もちろん多いはずです。僕もどちらかというと、できるだけ安く済ませたい派ですね。元々外食をほとんどしないので、個人的には飲食店のテイクアウトが10%になろうが「俺には関係ねえ」ってちょっと思ってます笑。それくらい外食(イートイン)しない自信があります。

 

正確にいえば、2~3年前までは普通に外食する習慣もありました。しかし、この2~3年の間にお金を節約したい気持ちが強くなったのか、食料品のほとんどがスーパーで買い物する形になりました。

 

脱ステロイドの過程でお金を節約する習慣ができた

 

別に消費税増税に備えてお金を節約する習慣を付けておこうとした訳ではありません。個人的な話なのですが、僕は2018年8月から脱ステロイドを始めて、そこからステロイドの副作用に苦しみ地獄のような毎日を過ごしました。

 

そんな日々の中で、否が応でも食事を始めとする健康についての習慣を変えざるを得なかったのです。どんな食事が自分の肌を少しでも良くするのか、あるいは悪くするのか、というのを定点観測のように毎日確認していました。

 

健康の知識が増えると、外食しなくなる

 

そのような日々のおかげで、導き出された答えはやはり、糖分塩分脂肪分を適正量、あるいは少量に抑えるという事です。お菓子やジュースは言わずもがなですが、料理としても油物はできるだけ摂らない。添加物が多そうなモノ、つまり加工食品なども極力食べない。

 

外食になると、やはり味が濃いモノが多くなるので、必然的に糖分塩分脂肪分などが多くなります。家で自炊して食べる事に比べたら、やはり健康的には宜しくないかなと思われます。なので、自然に外食もしなくなりました。

 

このように自分の中で少しでも健康になるための選択肢を選んでいく内に、それと比例してお金を使う量も少なくなっていったのです。これは自分の中では、大きな収穫でしたね。元々は健康になるための取捨選択だったのですが、それがまさかお金の節約にも繋がるとは思ってもいませんでした。

 

脱ステの副産物として、節約上手になれた

 

僕は脱ステを始めて現時点で1年と2ヶ月くらいになります。このタイミングで消費税が8%から10%に上がる事になったので、僕としては節約上手な自分になる事ができて良かったなと思います。脱ステロイドという副作用を乗り越えようとする行動が、まさかお金の節約になるとは夢にも思ってませんでした。

 

まだ完治した訳ではありませんが、1ヶ月毎に見るたびに回復している事は間違いないです。これは脱ステの苦痛を何度も乗り越えた事の副産物として、神様からのささやかなプレゼントかなと解釈しています。

 

ディスカウントストアなどのスーパーがおすすめ

 

消費税増税の話から少しずれましたが、無理やりまとめますね。増税の影響で、商品や形式によって8%や10%が変動して、ややこしい事も多々ありますが、食料品に関しては10%を避ける事は難しくないと思います。

 

本気でお金を節約したい方でしたら、基本的には外食(イートイン)しない事をオススメします。できるだけディスカウントストアなどのスーパーで安い買い物をして、家で自炊して食事した方が、お金の節約にもなるし、健康にもなれます。という事を伝えたかったのです。

 

本日が10月3日なので、消費税アップはまだ始まったばかり。これから先にどんな困難やトラブルがあるか分かりませんが、できるだけスムーズにお買い物ができると良いですね。また何か気づきがあれば発信します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました