温泉とサウナで汗を流し、脱ステ効果を促し美肌を目指す。(後編)

健康

himawariinさんによる写真ACからの写真 

前回は温泉とサウナで汗を流し、脱ステ効果を促し美肌を目指す。(前編)の記事を書きました。

 

かけ湯→リラックス湯(温水)→サウナの流れ

 

いざ温泉に入ってからは、まず、もっとも熱い湯であろう源泉や気泡湯などには入らないでおこうと思いました。熱い湯は入っている時は気持ちよさもあるのですが、やはり風呂上りの乾燥のリスクが上がるので、それならば最初から避けるのも一つの手だなと。

 

その代わりちょうど良い温かさのリラックス湯というのがあるので、そこには入ります。整理すると、最初に掛け湯で軽く体を流す、リラックス湯に浸かる、その後にサウナにチャレンジ。という流れ。サウナから出ると、かけ湯で汗を流す、水分補給する、シャワーの温水で頭から下に流す。

 

リラックス湯に入り休憩、そこからまたサウナにチャレンジ。という流れです。冷水に浸かるという選択肢もありますが、軽く足をつけてみたら、かなり冷たかったので、膝下だけ浸かってすぐ上がりました。

 

熱気と蒸気がすごい空間

 

そうそう肝心なサウナに入った感想ですね。まず自分が思っていたよりも2倍くらい広かったです(言葉だけじゃ伝わりにくいですね)。そして温度は75℃に設定してありました。座る場所は3段階くらいに分けてあり、前方から熱気と蒸気がムンムン伝わってきます。

 

真ん中の位置にテレビが設置(ガラス張り?)してあるのですが、なぜかNHKのみ放送らしく、延々と地味なニュースが放送されている感じ。サウナに入った率直な感想としてはベタですが「うっわ、あっつ~!!」でしたね。とにかくその一点に尽きます。

 

サウナの時計は長針と秒針だけ

 

温度計とは別に時計も設置してあるのですが、その時計は秒針と長針だけにしてあり、秒針が1周回ると長針が通常の5分進むという感じでした。長針の5分という事は短針でいうと1時間分という事です。なぜ1分ではなく5分進むように設定してあるのだろう?と自分なりに考えたのですが、何となく答えが分かりました。

 

短針を外してあるので、長針を通常通り1分経ったら1分進むという様にしていたら、60分の1しか長針が進んでいない事になるので、視覚的に分かりにくいからだと思います。

 

秒針が1周回ったら短針でいう1時間分、つまり5分進まることで「いま1分経過した!」と分かりやすくなるので、そのように設定したのでしょう。サウナの中にいると、自分が今どれくらい時間が経過したのかを強く意識すると思うのです。その場合、1分経ったら長針が5分進んだように見える事で、明らかに1分経過した事が分かるので、時間を計り間違うことが無くなります。

 

サウナ5分×2セットですごい汗

 

僕はサウナの中に1回あたり5分いましたよ。過去に入った記憶は本当に少しだけなので、ちゃんと入ろうと思って入ったのは今回が初めてと言っても過言ではないです。5分×3セットは入ろうと思ったのですが、結果的には5分×2セットが限界でした。

 

厳密にいうと3セット目も行こうと思えば行けたのですが、ほぼ初挑戦のサウナでいきなり3セット入るのは、この後の反動が怖かったので2セットで抑えておきました。その代わり、次回また温泉に来た時には3セット以上チャレンジしようと思います。

 

そうそう、大事なことを書き忘れていましたね。サウナの中はとても汗をかきました!僕はどちらかというと、汗をかきにくい体質のようなので、少しだけ心配していました。しかし、サウナの力を侮ってはいけませんね。全く心配ご無用と言わんばかりに、サウナはその暑さと蒸気の力で僕の毛穴を開き、汗をダラダラと流してくれました。

 

ステロイドの影響で汗をかきにくい肌になっていた

 

こんなにたくさん発汗したのは、何年ぶりだろうというくらい汗流しました。学生時代は、運動部活にも入っていて、普通に汗もバンバンかいてた記憶があるのですが、おそらくステロイドを塗り始めた(約6年前)影響で、汗をかきにくい肌になったのでしょう。

 

そう考えるとステロイドはただでさえ止めると副作用が出てくるのに、止めていなかったとしても汗をかきにくい肌になるというデメリットがあるので、やはり使用しないに越した事はないですね。余談ですがステロイドを使い続けると自然治癒力や免疫力なども下がると言われています。汗をかきにくくなると、デトックス作用も下がり、ますます肌の新陳代謝が悪くなるので、はっきり言って悪循環ですね。

 

温泉効果で血流や新陳代謝がアップする

 

そういう意味でも、温泉やサウナによって血液循環を良くしたり、新陳代謝を上げるので、脱ステロイドに効果的だといえます。もちろん1回や2回の温泉では、大きな効果は得られないでしょうが、週1回や月1回でも継続して通うことにちで、効果を発揮できると思います。

 

なので、僕も今度からは最低でも月に1回は温泉に行こうと決めました。自分の中で月1回は必ず温泉に行くというタスクにします。できれば毎週ペースで行くのが良いかもしれませんが、他にもやりたい事がたくさんあるので、今のところ月1回というルールにします。今回は9月17日に行ったので、次回は10月にまた行くことにします。毎月行けば年12回行ったことになるので、そう考えれば、全く行ってないよりは良いじゃないですか。

 

肌の乾燥はすぐに水で濡らす

 

ちなみに、温泉上がりの皮膚の乾燥に関しては、予想通り乾燥はしました。しかし、1年前の異様なほどの乾燥に比べると全然、許容範囲でした。温泉から出て、すぐにバスタオルで体を拭いて、着替えを済ませる頃には、両手の平や指の皮が乾燥していました。しかし「やっぱりな!だけどそれくらい予想通りだぜ!」という感じで、冷静を保ちながら水道の冷水で両手を濡らしました。

 

水で濡らすことで短期的に保湿する事ができるので、それだけで痛みが和らぎます。少しでも保湿する事で、安心感も得ることができます。そこまで予測して、体拭きと着替えを素早く終わらせたのです。いや、久しぶりの温泉&サウナは地味ですが楽しかったです。

 

汗もかき血抜きもして、本気のデトックス

 

純粋にリラックスできたし、血流も良くなり、汗もかいてデトックスも促せました。秘密ですがシャワーの所では、血抜き作業もできました。この血抜きに関しては、脱ステ関連の話ではありますが、脱ステは血が出る度に肌が回復する?過酸化脂質を少しでも早く排出する方法(前半)。の記事に書きました。

 

汗も血も流したので、かなり老廃物を排出した気分です。このような地道な作業?を定期的にくり返せば、少しずつ肌も回復していくと思います。これからも諦める事なく、地道に継続していきます。

 

今回は温泉だったので、写真を撮っていなかったですが、気になる方は「つる乃湯 温泉」を検索してみてください。サウナ効果を改めて教えてくれたAさんにも感謝します。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました